ここから本文です

負けたお詫びにチケット代出します ハンガリー代表指揮官が怒れるファンに提供

6/17(土) 13:23配信

ISM

 現地時間16日(以下現地時間)、前週行なわれた2018年W杯欧州予選で、アンドラに0対1の歴史的敗北を喫したハンガリー代表のベルント・シュトルク監督が、この試合を敵地観戦したファンに今後の予選2試合分のチケットをただで提供すると発言した。

 予選5試合を終えて3位につけていたハンガリーは、9日に行なわれた試合で公式戦66試合未勝利だった最下位アンドラに敗れた。13年ぶりにW杯予選で勝利という快挙に喜ぶアンドラのファンとは対照的に、敵地まで帯同したハンガリーのファンは激怒。試合後、ひどいパフォーマンスだった者に代表のユニフォームを着る資格はない、脱げとチャントし、選手たちはそれに従ったという。

 また、ハンガリーのオルバン首相もこの試合を、ハンガリー王国軍がオスマン帝国軍に壊滅的な敗北を強いられた1526年の「モハーチの戦い」になぞらえ、“歴史的大敗”との見解を示していた。

 シュトルク監督は16日、国営テレビの番組に出演し、アンドラ戦を見にいったファンに対し、今後2試合のW杯予選のチケットを無料で提供するとコメント。ファンのサポートを取り戻したいと、その理由を語っていた。

 ハンガリーは8月31日にラトヴィアを、9月3日にポルトガルをホームに迎える。(STATS-AP)

最終更新:6/17(土) 13:23
ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合