ここから本文です

朝ドラで新髪形 有村架純がポニーテールで狙う脱アイドル

6/17(土) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 女優・有村架純(24)が今週からNHK朝ドラ「ひよっこ」でポニーテール姿を披露しているが実はこれ、なかなか興味深い。有村演じるヒロインは高度成長期真っただ中、茨城の山奥から集団就職で上京してきた“金の卵”。だが、勤め先だったラジオ工場の倒産に伴い、新たに東京のど真ん中、赤坂にある洋食店「すずふり亭」でウエートレスとして働くことになり、ヘアスタイルも一新した。

 有村はこれまでもドラマ「ハガネの女」(10年)や「失恋ショコラティエ」(14年)などでひとつ結びを披露してきたが、今回はより後頭部の高い位置で髪を束ね、白いリボンをあしらった王道かつ清楚なスタイル。男ウケが狙える一方で、顔の輪郭や体積があらわになる危険性をはらんだある意味、難易度の高いヘアだ。

 思い起こせば、ブレークするきっかけとなった「あまちゃん」(13年)では聖子ちゃんカット、各映画賞のタイトルに輝いた「映画 ビリギャル」(15年)では金髪ヘアに挑み、話題をかっさらってきた。作家でアイドル評論家の中森明夫氏は、「このタイミングで有村がポニーテールに挑むことは非常に大きな意味を持つ」とこう続ける。

「新たな髪形にチャレンジし、またそれが話題になるのは有村の新しい一面を見せたい、表現したいというひよっこの制作陣の思いがあるからこそ。現場に愛されている証しでしょう。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』で同じく金の卵を演じた堀北真希が第一線を退いたいま、有村は、昭和を舞台とした作品で映える正統派美女の筆頭格でもある。戦後の日本を舞台とした今作で半年かけてひとりの女性を演じることは、学生や女の子役から脱皮し、大人の女性を演じる大女優への布石にもなると思います」

 髪形とともに有村も進化を遂げている。

Yahoo!ニュースからのお知らせ