ここから本文です

<IS>米、バグダディ容疑者死亡に「懐疑的」

6/17(土) 10:12配信

毎日新聞

 【ワシントン高本耕太】米ホワイトハウス高官は16日、過激派組織「イスラム国」(IS)の最高指導者バグダディ容疑者の死亡情報に関し「慎重な見方をしている」と述べ、懐疑的な認識を示した。ロシア国防省が発表した、露軍が5月下旬にシリア北部ラッカで実施した空爆について「認識していない」とも語った。

 トランプ米大統領の南部フロリダ州訪問に同行する機中で記者団の質問に答えた。高官はバグダディ容疑者のほか300人以上の戦闘員が死亡したとされる空爆について「それほど大規模の攻撃であれば兆候や形跡を確認するはずだが、我々はしていない」と指摘した。

 露国防省は16日、バグダディ容疑者が死亡したとの情報があるラッカ空爆については、米国に事前通告したと発表していた。

最終更新:6/17(土) 10:12
毎日新聞