ここから本文です

人間の骨をボッキボキ!?カワイイ地球外生命体の殺戮描写に戦慄!

6/17(土) 9:30配信

Movie Walker

「民間の宇宙旅行がついに実現か!?」と言われて久しい昨今、宇宙への興味はますます高まるばかり。そんな中、7月8日(土)に公開される映画『ライフ』に思わず「カワイイ!」と言いたくなる地球外生命体が登場する。しかし、その見た目に騙されると危ないことに!

【写真を見る】一見、神秘的でかわいらしい地球外生命体だが…

本作は、続編の公開も控える『デッドプール』(16)主演のライアン・レイノルズとその脚本チームが再びタッグを組んだSF映画。アカデミー賞にノミネート経験もあるジェイク・ギレンホール、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(15)のレベッカ・ファーガソン、そして真田広之らが地球外生命体を調査する宇宙飛行士を演じている。

劇中には、火星で発見された神秘的で美しい見た目の地球外生命体が登場。淡いピンク色ににょろっとしたフォルムは、思わずちょんちょんと触れてみたくなるかわいらしさ。ミクロサイズから段々と成長していく様子も微笑ましい。

地球から遠く離れた宇宙空間で宇宙飛行士たちが、この未知なる生命体を調査。そこで、心温まる交流が始まるかと思いきや、それを許してくれないのがこの映画のミソ。なんと、筋肉と脳だけで構成されるその生命体は、人間の体を無差別に砕きまくる超凶暴な性格!しかもどんな状況でも生き続け、相手に合わせて進化するというまぎれもない宇宙最強の生命体だったのだ。密室の無重力空間で展開する人間vs最強の地球外生命体の命がけのバトルは阿鼻叫喚の地獄絵図へと発展していく…。

一見カワイイ地球外生命体が宇宙飛行士の骨を砕いたり、体内に侵入しようとしたりと、ショッキングな描写が続く本作。“宇宙旅行”への夢や憧れを無残に打ち砕いていく恐怖をスクリーンで体感してみてほしい!【トライワークス】

最終更新:6/17(土) 9:30
Movie Walker