ここから本文です

大型バイクの「日本画」大作 磐田・ヤマハ発に展示

6/17(土) 8:42配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 磐田市のヤマハ発動機の企業ミュージアム「ヤマハコミュニケーションプラザ」に、同社の大型バイクを描いた日本画の大作2点が登場し、来場者の注目を集めている。

 2点は日本画家富元秀俊さん(30)=京都府=の日展入選作。絵の大きさは各150号(縦約1・8メートル、横約2・2メートル)で、同社の人気モデル「MT―09」と「MT―07」を精巧に描いた。富元さんからの寄贈を受け、6月初旬から同館で展示を始めた。

 異なる色の岩絵の具を重ね、主要パーツ部には銀や真ちゅう、アルミなどの金属の箔(はく)を施すことで、バイクの硬質な質感と日本画の情感を併せ持つ作品に仕上げた。

 自身も長年同社バイクのファンという富元さんは「大型バイクの荒々しい雰囲気と造形美を表現したかった。バイク好きの皆さんに作品を見てもらえてうれしい」と語った。

 同館2階で秋ごろまで展示予定。入場無料。毎月第1、第3、第5週の土、日曜は休館。

静岡新聞社