ここから本文です

レアル・マドリー元会長のカルデロン氏、C・ロナウドの古巣復帰の可能性に言及

6/17(土) 19:52配信

GOAL

レアル・マドリーの元会長ラモン・カルデロン氏はクリスティアーノ・ロナウドのマンチェスター・ユナイテッド復帰の可能性について言及した。『BBC Sport』が報じている。

1470万ユーロ(約18億2000万円)の脱税疑惑が浮上し、C・ロナウドはスペイン検査当局に起訴された。この影響から、レアル・マドリー退団を望んでいると報じられているが、カルデロン氏は以下のような見解を示している。

「(彼の考えを変えるのは)とても難しいと思う。彼がマンチェスター・ユナイテッドを去り、我々と契約を交わした時に同じ様な状況を経験した。『彼は(マンチェスター・Uを)去りたい』と言って、そうなったんだ。そして、同じ年、ロビーニョが移籍を志願した。会長としては、移籍を許可し、ベストな取り引きをすることしかできない。私はロナウドが退団を決断していないことを望んでいるが、もし、決心しているのだとしたら、状況を変えるのは難しい」

「彼の期待に応えられるクラブは少ないだろう。金銭面の問題ではなく、タイトルと個人的な賞を獲得できる可能性を提供しなければならないからだ。(モウリーニョとの)マドリードでの関係性は最高のものではなかった。だからと言って、それは彼がマンチェスター・U復帰を希望しないということにはならない。彼はクラブ、ファン、町が好きだったからね。復帰の可能性は除外できないよ」

GOAL

最終更新:6/17(土) 19:52
GOAL