ここから本文です

サッカー=ロシアでコンフェデ杯開幕、W杯開幕前の試運転

6/17(土) 11:58配信

ロイター

[サンクトペテルブルク(ロシア) 16日 ロイター] - サッカーのコンフェデレーションズカップ(杯)は17日にロシアで開幕。同国にとっては、2018年ワールドカップ(W杯)開催に向けたスタジアムやインフラなどの準備が順調に進んでいることをアピールする機会となる。

同大会にはロシアとW杯王者ドイツのほか、各大陸の王者6カ国が出場。17日の開幕戦ではロシアがニュージーランドと対戦する。4月に行われた試合の影響でピッチが荒れたままだったことを指摘され、芝が急きょ、張り替えられた。

国際サッカー連盟(FIFA)の大会ディレクターを務めるコリン・スミス氏は16日、サンクトペテルブルクでの記者会見で「準備は完了した。ロシアは準備万端」とコメント。「ほかの大会同様、今回もプロセスや作業の簡素化に向けたいい試運転になる」と述べた。

ドイツは今大会、主力メンバーを温存。しかしポルトガルはスター選手、クリスティアノ・ロナルドが出場する。

最終更新:6/17(土) 11:58
ロイター