ここから本文です

『ジャスティス・リーグ』にティム・バートン御用達作曲家!

6/17(土) 17:28配信

シネマトゥデイ

 DCコミックスのヒーローたちが集結する映画『ジャスティス・リーグ』の音楽は、『シザーハンズ』『ビートルジュース』『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』をはじめとしたティム・バートン作品で知られる作曲家のダニー・エルフマンが手掛けることが明らかになった。The Hollywood Reporter が報じた。

映画『ジャスティス・リーグ』作品情報

 もともと同作の音楽は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でもザック・スナイダー監督と組んだジャンキー・XLが作曲していたが、スナイダー監督は身内に不幸があって降板。マーベル映画『アベンジャーズ』シリーズを手掛けたジョス・ウェドン監督がその後を継ぐことが発表され、現在、ロンドンで追加撮影が行われている。

 エルフマンはウェドン監督の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』にもブライアン・タイラーの音楽に書き加える形で参加しており、監督が代わったために作曲家も代わることになったようだ。

 ジャンキー・XLは「僕のメンターであるハンス・ジマー(『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』や『ダークナイト』シリーズなど)によると、プロジェクトを他の人に取って代わられるまではハリウッドで作曲家として成功したとはいえないと。だから僕はついに今週、一人前になれたのだと思う」とコメント。「このプロジェクトを去らなくてはいけないのはつらいけど、ザック(・スナイダー)が彼のビジョンの一部を成すよう、僕に声を掛けてくれてすごく感謝している。ダニー(・エルフマン)、ジョス(・ウェドン)、ワーナー・ブラザースのみんなに幸あれ」と続けている。『ジャスティス・リーグ』を離れたジャンキー・XLは、アリシア・ヴィキャンデル主演のリメイク版『トゥームレイダー(原題)』の作曲に取り掛かっているという。

 エルフマンは、アメコミ映画でいえば『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』やティム・バートン監督の『バットマン』『バットマン リターンズ』だけでなく、サム・ライミ監督の『スパイダーマン』シリーズなども手掛けている。『ジャスティス・リーグ』は今冬、日本公開。(編集部・市川遥)

最終更新:6/17(土) 17:28
シネマトゥデイ