ここから本文です

<AKB48総選挙>指原莉乃が前人未到の3連覇 ラスト総選挙で“有終の美”

6/17(土) 20:48配信

まんたんウェブ

 アイドルグループ「AKB48」の49枚目のシングルを歌う選抜メンバーを決める「第9回AKB48選抜総選挙」が17日に開票され、HKT48の指原莉乃さんが3年連続4度目の女王に輝き、前人未到の3連覇を達成した。今年で最後の総選挙と公言していた指原さんは、“有終の美”を飾った。

【写真特集】さしご、まゆゆと抱き合い… 総選挙名場面をプレーバック

 過去最多だった昨年の24万3011票を上回る24万6376票を獲得した指原さんは「本当にうれしいです。私の今までのアイドルとしての活動は、総選挙とともにあったと思う。この総選挙というイベントに出会え、参加できたことを本当に幸せに思っています」と喜びを語った。

 その上で、沖縄県豊見城市の豊崎海浜公園・豊崎美らSUNビーチで予定されていた開票イベントとコンサートが荒天のため中止になったことについて、「6月に野外でというむちゃがあったと思います」と謝罪。また、「仲間が卒業発表していて、本当に不安」などと語りながら、「これからもメンバースタッフ一丸となって頑張りますので、AKB48を見捨てないでください」と深々と頭を下げた。

 それでも、「頼もしいスピーチをしてくれた後輩に後は託して、ついていきたいと思います。ファンの皆さん、ほんとうにありがとうございました!」と感謝。さらに、メンバーとファンに向かって「これからもAKB48グループ一緒に作ってくれるかな?」と呼びかけ、会場のメンバーは「いいとも!」と“大合唱”だった。

 「AKB48選抜総選挙」は、シングルの選抜メンバーをファンによる投票で決定する年に1度のイベント。9回目の今年は総勢322人が参加し、上位80人を選出。この日の開票は、雷注意報が発表された影響で、当初予定されていた沖縄県豊見城市の豊崎海浜公園・豊崎美らSUNビーチでの開催が中止され、屋内の別会場で観客を入れずに行われた。2位に入ったAKB48の渡辺麻友さんが卒業を発表したほか、20位のNMB48・須藤凜々花さんが“結婚宣言”するなど波乱の展開となった。

1/3ページ

最終更新:6/19(月) 11:25
まんたんウェブ