ここから本文です

「ロッキー」監督ジョン・G・アヴィルドセンの訃報にスタローンが追悼メッセージ

6/17(土) 15:09配信

映画ナタリー

「ロッキー」の監督として知られるジョン・G・アヴィルドセンが死去。同作で主演を務めたシルヴェスター・スタローンが訃報報道を受けてSNSでコメントを発表した。

スタローンは自身のInstagramアカウントにて、「『ロッキー』でオスカーを勝ち獲った偉大な監督、ジョン・G・アヴィルドセン! 安らかにお眠りください。天国でも必ずヒット作を手がけるでしょう。ありがとう」とつづっている。

アヴィルドセンはボクサーとして生きる男ロッキー・バルボアを主人公とした「ロッキー」のメガホンを取り、第49回アカデミー賞で作品賞、監督賞ほか多数の賞を獲得。世界的にヒットした同作はその後シリーズ化され、1990年製作「ロッキー5 最後のドラマ」ではアヴィルドセンが再び監督にカムバックした。また少年が空手を通して成長する姿を追った「ベスト・キッド」もシリーズ化し、彼の代表作の一部となった。

最終更新:6/17(土) 15:09
映画ナタリー