ここから本文です

【ル・マン24時間 2017】まもなく決勝開始。ウォームアップでも、中嶋一貴組8号車と小林可夢偉組7号車トヨタが1-2フォーメーション

6/17(土) 18:45配信

Impress Watch

 世界三大レースの1つであるル・マン24時間レースは、6月17日15時(現地時間、日本時間6月17日22時)に、決勝レースのスタートを迎える。それに先だって17日9時(現地時間、日本時間17日16時)からは、決勝レース前のウォーム走行が行なわれ、各チームとも決勝レースに向けたセッティングなどの確認を行なった。

【この記事に関する別の画像を見る】

 トップタイムをマークしたのは予選2位となった8号車 トヨタ TS050 HYBRID(セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/中嶋一貴組)。中嶋一貴選手のドライブで、3分18秒308をマーク。決勝前の最後のセッションで幸先のよいトップタイムとなった。

 2番手はポールポジションを獲得した7号車 トヨタ TS050 HYBRID(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ステファン・サラザン組)で、小林可夢偉選手が3分18秒661をマークして、こちらもポールポジションを獲得した好調さを維持している。

 3番手は1号車ポルシェ 919 Hybrid(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ組)、もう1台のトヨタとなる9号車 トヨタTS050 HYBRID(ニコラス・ラピエール/ホセ・マリア・ロペス/国本雄資組)は4番手タイムをマークした。

■トヨタ7号車、8号車は好調さを維持。ウォームアップでもポルシェに1.7秒差の1-2を形成

 予選からトヨタ勢の好調さは続いており、トップタイムをマークした中嶋一貴選手がドライブする8号車 トヨタ TS050 HYBRID(セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/中嶋一貴組)は3分18秒308、2番手タイムをマークした小林可夢偉選手がドライブする7号車 トヨタ TS050 HYBRID(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ステファン・サラザン組)は3分18秒661と0.353秒差。

 3位となった1号車ポルシェ 919 Hybrid(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ組)は3分20秒120と、トップの8号車とのタイム差は1.812秒となっており、いずれも7号車、8号車という2台のトヨタ勢が頭一つ抜けている感がある。レースでは、こうした7号車、8号車のトヨタが速さを活かして先行し、それを1号車のポルシェが追いかける展開になりそうだ。

 それに対して、タイムとしては4番手となった9号車 トヨタTS050 HYBRID(ニコラス・ラピエール/ホセ・マリア・ロペス/国本雄資組)は3分20秒120という、トップの8号車からは約2秒落ちという展開で、9号車の役割は飛ばすのではなく、ポルシェ勢と同じようなタイムで淡々と走り、7号車と8号車に何かあったときに、それをカバーする、そうした役割分担が考えられているのだと推測される。

■LMP2のトップは26号車オレカ、GTE-Proのトップはスコット・ディクソン組の69号車フォード GT

 LMP2のトップは26号車 オレカ07・ギブソン(ロマン・ルシノフ/ピエール・ティエリ/アレクサンダー・リン組)で、26号車を走らせるG-DriveチームはWECにも参戦しているLMP2チームの中でも強豪と言ってよく、26号車は今回の優勝候補の1つだ。

 予選では多くのクルマが1秒以内という激戦となっているGTE-Proのトップタイムをマークしたのは69号車 フォードGT(ライアン・ブリスコー/リチャード・ウェストブルック/スコット・ディクソン組)で、同車を走らせているの、インディカー・シリーズの強豪チームであるチップ・ガナッシ・レーシング。同チームもやはりGTE-Proクラス優勝候補の1つだ。GTE-Amの83号車 フェラーリ488GTE(トレーシー・コーン/ニコラス・ジョンソン/アンドレア・ベルトリーニ組)がトップタイムをマークした。

ル・マン24時間レース:ウォームアップ結果

 このル・マン24時間レース、トヨタは6月17日21時~25時(日本時間)、6月18日13時~23時(日本時間)の2回に分けて「TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト」からインターネット生中継を行なう。レースのスタートは22時、ゴールも22時なので、スタート前進行、ゴール後の表彰式などを見ることができるだろう。

Car Watch,笠原一輝,Photo:中野英幸

最終更新:6/17(土) 18:45
Impress Watch