ここから本文です

ジュリア・ロバーツ「ノーパン発覚劇」の一部始終

6/17(土) 16:45配信

東スポWeb

 映画「プリティ・ウーマン」などで知られる米人気女優ジュリア・ロバーツ(49)がなんとノーパンで写真撮影に臨んでいたことが明らかに! そんなハプニングを報じたのは米芸能サイト「レーダーオンライン」。

 ロバーツは13日(米国時間)、カリフォルニア州マリブで写真撮影を行ったが、撮影中に両手を上げて広げ、前かがみになってお尻を突き出すポーズをしたときに、着ていた黒のコートのすそがまくれ上がってお尻が丸見えになるハプニングがあった。その際、ロバーツはノーパンだったという。意図せずに“お宝”を撮影スタッフに見せてしまった格好だ。

 ロバーツといえば「プリティ――」(1990年)で高級娼婦を演じてゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞するなどブレーク。映画「エリン・ブロコビッチ」(2000年)でアカデミー賞主演女優賞を受賞してオスカー女優の仲間入りを果たした。

 恋多き女優としても知られ、テレビドラマ「24―TWENTY FOUR―」シリーズのジャック・バウアー役で人気のキーファー・サザーランド(50)と1991年に婚約したが、結婚式の3日前に婚約を解消。サザーランドの友人の俳優ジェイソン・パトリック(6月17日で51歳)とアイルランドに愛の逃避行をして米芸能マスコミを騒がせた。パトリックとは2年後に別れ、93年にカントリー歌手のライル・ラヴェットと結婚して95年に離婚。2002年にカメラマンのダニエル・モダーと不倫して略奪結婚。3人の子供をもうけている。

 そんな恋多きロバーツの健在ぶりをアピールするかのような“ノーパン・ハプニング”だった。

最終更新:6/17(土) 16:45
東スポWeb