ここから本文です

湯浅政明監督「マインド・ゲーム」「夜は短し」「ルーのうた」3本一挙上映 早稲田松竹で8月開催

6/17(土) 20:00配信

ねとらぼ

 アニメーション映画の鬼才・湯浅政明監督の劇場公開作品3本を一挙上映するイベントを、8月19日~25日に名画劇場「早稲田松竹」(東京・高田馬場)が実施します。

【「夜は短し歩けよ乙女」の特報映像】

 作品は、2004年の長編監督デビュー作品「マインド・ゲーム」、2017年4月から公開中の「夜は短し歩けよ乙女」、5月から公開中の「夜明け告げるルーのうた」。日替わりの2本立て上映となり、詳しいタイムテーブルは近日発表されます。

 「マインド・ゲーム」はロビン西さんの漫画を原作にした作品で、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞。「夜は短し歩けよ乙女」は森見登美彦さんの小説を原作にテレビアニメ「四畳半神話大系」の制作陣で手掛けた話題作。「夜明け告げるルーのうた」は初の完全オリジナル劇場用新作として注目を集めています。

 今春公開作品を2本含む、“湯浅節”とも呼ばれる疾走感と躍動感にあふれたアニメーションが堪能できるイベント。「早稲田松竹」の観覧料は一般が1300円、学生が1100円です。

最終更新:6/17(土) 20:00
ねとらぼ