ここから本文です

アビスパ福岡が快勝で首位キープ…湘南も連勝で猛追/J2リーグ第19節

6/17(土) 22:46配信

GOAL

明治安田生命J2リーグ第19節が6月17日、10試合行われた。アビスパ福岡が逆転勝ちで首位を守り、勝ち点で並ぶ2位の湘南ベルマーレも勝って福岡を猛追している。水戸ホーリーホックは4連勝。

福岡は14分に1点を失うも、71分からFW石津大介の2ゴールなどで3点を奪い逆転。3-1で名古屋グランパスを下し、首位をキープ。3連勝中の水戸はジェフユナイテッド千葉と対戦し、3点を奪う猛攻。終了間際に1点を失うも、3-1で水戸の勝利となった。水戸は4連勝で12戦負けがない。

横浜FCとモンテディオ山形の対戦は0-0のまま後半アディショナルタイムを迎えたが、90+5分にMF瀬沼優司が起死回生のゴールを挙げて1-0で山形の勝利。山形はこれで9戦無敗。東京ヴェルディと愛媛FCは激しいシーソーゲームを展開。東京VのFWドウグラス・ヴィエイラの2試合連続2ゴールなどもあり、3-3のスコアでドローとなった。

湘南は0-0で迎えた後半アディショナルタイムにDF岡本拓也のゴールが決まる。1-0で京都サンガF.C.を下し、首位の福岡と勝ち点で並んでいる。ツエーゲン金沢は1点リードの70分に追いつかれるも、直後の71分にDF宮崎幾笑のゴールで勝ち越した。3-2でレノファ山口FCに勝利。山口は6連敗。

連勝中のファジアーノ岡山は52分にFW豊川雄太のゴールで先制。対するFC岐阜はFW難波宏明が84分に同点ゴール。1-1のドローとなり、岐阜はこれで8戦勝ちがない。新監督を迎えての初陣となったロアッソ熊本は8分と18分に失点を喫すると、終了間際にも決定的な3点目を失い、0-3で徳島ヴォルティスに敗れた。熊本は4連敗。

V・ファーレン長崎とFC町田ゼルビアの対戦は一進一退の攻防の中、両GKの好守などもあって得点は生まれず、スコアレスドロー。カマタマーレ讃岐は1点ビハインドの69分にFW木島徹也のゴールで追いつくも、直後にオウンゴールで失点。1-2で大分トリニータに敗れ、勝ち点を拾えなかった。

試合結果は以下の通り。残りの1試合は18日に行われる。

明治安田生命J2リーグ第19節

6月17日

アビスパ福岡 3-1 名古屋グランパス

水戸ホーリーホック 3-1 ジェフユナイテッド千葉

横浜FC 0-1 モンテディオ山形

東京ヴェルディ 3-3 愛媛FC

湘南ベルマーレ 1-0 京都サンガF.C.

ツエーゲン金沢 3-2 レノファ山口FC

ファジアーノ岡山 1-1 FC岐阜

徳島ヴォルティス 3-0 ロアッソ熊本

V・ファーレン長崎 0-0 FC町田ゼルビア

大分トリニータ 2-1 カマタマーレ讃岐

6月18日

ザスパクサツ群馬 vs 松本山雅FC

GOAL

最終更新:6/17(土) 22:46
GOAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ