ここから本文です

新プールで泳ぎ初め 元五輪選手と交流も 御殿場小

6/17(土) 8:47配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 御殿場市立御殿場小の新プール完成式典が16日、同校で開かれた。5、6年生約300人と、裾野市出身で北京とロンドン五輪の競泳種目に出場した高桑健さんが一緒に泳ぎを楽しんだ。

 高桑さんはバタフライや平泳ぎ、クロールなどの泳法を披露した。力強い泳ぎに、児童は食い入るように見入った。児童代表と対戦したり、全員でプールに入って遊んだりして、交流を深めた。

 高桑さんは「これだけ環境の整ったプールがあるのは素晴らしい。子供たちが水に親しみ、水泳を楽しんでほしい」と話した。

 式典では体育委員長の6年阿部琉斗君が「新しいプールでたくさん練習し、バタフライで50メートル泳ぐという目標を達成したい」とあいさつした。同校の前のプールは約50年間使用され、老朽化したため改築した。8レーンある25メートルプールとサブプールを備える。2016年3月から工事が始まり、総工費は約3億9900万円。

静岡新聞社