ここから本文です

移籍後初出場の柏DFユン・ソギョン、待ちに待ったデビュー戦も「勝てなかったことが悔しい」

6/17(土) 23:20配信

GOAL

明治安田生命J1リーグ第15節が17日に行われ、山梨中銀スタジアムではヴァンフォーレ甲府と柏レイソルが対戦。試合はスコアレスドローに終わった。この試合ではケガから復帰した柏の韓国代表DFユン・ソギョンが移籍後初めてベンチ入り。60分にFW大津祐樹とともに交代でピッチに入った。

待望の初出場にユン・ソギョンは「デビュー戦まで長い時間が掛かってしまいましたが、個人的に毎試合、毎試合自分が出るかもしれないと準備していました」と語る。ただ「個人的なことよりもチームが勝てなかったことが一番悔しい」と引き分けに終わったことを悔いた。

試合中、大津にボールを預けて飛び出すシーンも見られたが、「彼の特徴だったり、動き出しだったり、タイミングはお互い分かっています。これからもっと出る時間が長くなればなるほど、お互いの特徴をもっと生かせるじゃないかと思っています」とコンビネーションにも自信を見せた。

「次の試合がすぐにありますので、その試合に向けて勝てるように最善の準備をしていきたい」と話すユン・ソギョン。柏の次戦は、21日に行われる天皇杯2回戦・ブリオベッカ浦安戦となる。

GOAL

最終更新:6/17(土) 23:20
GOAL