ここから本文です

<コール元独首相死去>英首相「現代ドイツの父を失った」

6/17(土) 12:01配信

毎日新聞

 【ロンドン矢野純一】コール元独首相の死去を受け英国のメイ首相は16日、「欧州の歴史の偉人だった。英国民を代表して、冷戦終結と(東西)ドイツの統一で果たした役割について敬意を表し、哀悼する」との声明を発表した。

 ドイツが統一した1990年当時、英国の首相だったサッチャー氏とコール氏の関係は必ずしも良くなかった。ベルリンの壁崩壊後の90年1月、サッチャー氏はパリで行われた夕食会でミッテラン仏大統領と「統一ドイツは、ヒトラー以上の力を持つかもしれない」と語り合い、ドイツの大国化に対する懸念を共有していた。メイ氏はこうした過去の経緯には触れず、「我々は、現代ドイツの父を失った」として欧州連合(EU)をけん引するドイツを形作ったコール氏の死を悼んだ。

最終更新:6/17(土) 12:23
毎日新聞