ここから本文です

コロッケが本名で映画初主演、モノマネ封印

6/17(土) 18:16配信

お笑いナタリー

コロッケが本名の滝川広志名義で映画「ゆずりは」の主演を務める。

加門幾生監督が手がける「ゆずりは」は新谷亜貴子の同名小説を原作とする映画。葬儀社のベテラン社員(滝川)と新入社員(柾木玲弥)のコンビが、亡き人々とその遺族との交流を通して生と死に向き合う。映画初主演の滝川は、多くの死と向き合い感情の起伏を失った男性という役どころに、モノマネ芸人としての顔を封印して挑んだ。本名での出演はモノマネなしで演じるにあたり自ら提案したという。

【写真】滝川広志(他3枚)

撮影は千葉・八千代市を中心に行われ、既にクランクアップしている。来年2018年春に公開される「ゆずりは」で滝川の演技に注目を。

滝川広志 コメント
私が演じた水島という男は、自分自身とは真逆のタイプの性格で、非常に苦労しましたが、演技を通して新たな自分を発見できたと思っています。
今回はモノマネと違って、マネをするご本人がいるわけではないので、自分自身のイメージや監督との会話から人物像を掘り下げて役作りに生かしました。
モノマネ芸人・コロッケとしてではなく、俳優・滝川広志としての新たなスタートをこの映画「ゆずりは」で切ることができたと自負しております。
ぜひご期待ください。

(c)「ゆずりは」製作委員会

最終更新:6/17(土) 18:16
お笑いナタリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ