ここから本文です

藤井四段、27連勝なるか 東大生と対局、2時から中継

6/17(土) 12:56配信

朝日新聞デジタル

 第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)が17日、恒例のプロアマ一斉対局で開幕。デビュー以来負けなしの中学生棋士、藤井聡太四段(14)が27連勝をかけて出場する。

 棋士と女流棋士、アマチュア計173人がトーナメントで競う。プロ10人、アマ10人が出場するプロアマ戦は、1次予選の1回戦。対局場は東京・築地の朝日新聞東京本社(6局)と大阪・福島の関西将棋会館(4局)で、それぞれ大盤解説会が開かれる。持ち時間各40分、使い切ると1手1分未満の早指し戦で、対局はいずれも非公開。

 藤井四段は大阪で、学生名人の東大1年、藤岡隼太(はやた)さん(19)と対戦する。対局は午後2時開始で、朝日新聞デジタルの中継ページ(http://www.asahi.com/shougi/asahicup_live/fujii_souta/)で観戦できる。

朝日新聞社