ここから本文です

<桂歌丸さん>高座に意欲衰えず 「声が出なきゃミイラ」

6/17(土) 13:01配信

毎日新聞

 肺炎などのため入院し、今月14日に退院した落語家の桂歌丸(80)が17日、「もう笑点」(日本テレビ系)の収録に臨み、囲み取材に応じた。酸素吸入器をつけながらで、体調は「まだはっきりよくなったとは言えない」としながらも、「(国立演芸場)8月中席には(恒例の三遊亭)円朝物もありますので」と、衰えぬ意欲をきっぱりと語った。

【写真特集】桂歌丸さんの軌跡

 司会の春風亭昇太はじめ、笑点大喜利メンバーとともに取材に応じた歌丸。「入院していても毎週、笑点は見ている。なぜなら必ず私の悪口を言うので油断できない」と笑わせる一方、高座に関しては「(お客さんの)お一人でも聞きにくいっておっしゃったら引退しようと思っていたけど、誰もおっしゃらない」との思いも吐露。「声が出なきゃ、ミイラと同じ。今は36キロ。早く40キロに戻すよう先生と約束している」と明かした。

 笑点メンバーからは、「とりあえず明日まで頑張ってください」(三遊亭小遊三)、「入退院だけでニュースになる。そんな芸人にいつかなりたい」(三遊亭円楽)などと、毒舌交じりの温かいエールが送られた。

 18日には東京・日比谷のシアタークリエで開かれる春風亭小朝の会にゲストとして出演する予定という。【濱田元子】

最終更新:6/17(土) 14:09
毎日新聞