ここから本文です

DeNA戸柱が決勝3ラン 筒香に並ぶチーム2位の30打点

6/17(土) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇交流戦 DeNA6―3オリックス(2017年6月16日 横浜)

 DeNA・戸柱のスイッチが入った。3―3の8回。2死二塁でセ・リーグ首位打者の5番・宮崎が敬遠気味に歩かされた。「(宮崎は)いい打者だからそうなると思っていた」。黒木が投じた内角低めの148キロ直球をすくい上げ、決勝の右越え3号3ラン。「必死に食らいついた。なかなかあんなの打てない」と照れた。

 勝負強い。走者がいない3打席は全て凡退。「何とかしないといけない」と走者を2人置いた最終打席で最高の結果を出した。打率・213も、得点圏では・356まで跳ね上がる。「打率が低いので得点圏では打たないといけない」。出場56試合ながら30打点は12球団の捕手で最多。チームでも4番・筒香に並ぶ2位で、ラミレス監督は「(シーズン)70~75打点はいくんじゃないか。オールスターに出る価値のある選手」と褒めちぎった。

 休日の月曜日でも必ず横浜スタジアムを訪れ、汗だくでバットを振り込む。さらに、調整する先発陣とコミュニケーションをとる。日頃の努力が攻守両面で実を結んでいる。

 3連勝で30勝に到達。交流戦の勝率を目標の5割に戻した。「いい流れできている。このまま勢いに乗っていきたい」。戸柱はそう言ったが、チームに勢いをもたらしているのは、勝負どころを逃さない戸柱自身だ。 (馬渡 雄介)