ここから本文です

「賞が欲しい」山田孝之、 心の叫びをあらわに「どんな手を使ってでも!」

6/17(土) 19:01配信

映画ナタリー

「映画 山田孝之3D」の初日舞台挨拶が本日6月17日、東京・TOHOシネマズ 新宿で行われ、主演の山田孝之、監督の松江哲明と山下敦弘、友情出演の芦田愛菜が登壇した。

【写真】「映画 山田孝之3D」(他24枚)

2017年度のカンヌ国際映画祭に“正式応募”された本作は、テレビ東京ほかで放送されたドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」をきっかけに生まれた作品。イリュージョンのような言葉と映像によって、山田を3Dで体感することができる。

舞台挨拶では芦田が3人への質疑応答を行った。芦田から「公開を迎えられたお気持ちは?」と尋ねられると、山田は「なんとかして(制作を)止めようと思ったのですが。『チャップリンの独裁者』以来、全国何館の劇場でスクリーンを破かれるか心配しています」と真顔で答える。また本作のキャッチコピーが「山田孝之全告白」であることから、「すべて告白して後悔は?」と質問を受けると、山田は「あります」と即答。「後悔しかないです。実験だと思ってやってみたけど失敗でしたね。さっきの舞台挨拶もお客さんがシーンとしていて、『(映画を観て)ムカついた人?』って聞いたら何人か手を挙げてました」と眉間にしわを寄せながら述べ、観客を笑わせる。

山下と松江は、山田とともに「山田孝之の東京都北区赤羽」「山田孝之のカンヌ映画祭」と2作続けてドキュメンタリードラマを制作した。松江は「今の時代、社会がどんなリアクションするんだろう?という作品はなかなか作りにくい。でも今回、教室の隅っこで男子がこそこそしゃべってるみたいなものが、坂道を転がるように大きくなって広がっていった。そういうものが作れたのは贅沢なこと」と達成感をにじませる。一方、山下は本作について「ちゃんと観ないでください」と警告し、「シンプルだけど情報量がすごい。考えすぎると脳みそ疲れちゃうんで、浴びる感覚で観てほしい。体感する映画です」とアピールした。

もともと「山田孝之のカンヌ映画祭」は、山田の「映画賞が欲しい」という思いが発端となり、さまざまな展開が巻き起こった作品。芦田が「今後また『賞が欲しい』という気持ちになることはありそうですか?」と控えめに質問すると、山田は「賞のことしか考えてませんね」と堂々とした面持ちで返答する。「いい芝居、いい俳優、いい映画? どうでもいい! まずは日本アカデミー! いまだに声がかからない。どんな手を使ってでも賞を獲りたいと思う!」と声を張り、芦田をあっけに取らせた。

滞りなく司会進行を務め上げた芦田だったが、「山田さんとご一緒させていただいて、自分のことを知ろうとしている山田さんの姿がカッコいいと思いました」と発言したあと、自分の言葉に照れてしまい3人からほほえまれる和やかな場面も。芦田の司会ぶりに、山田は「優しい気持ちになりました」と感想を述べ、最後は「映画と言っても山下さんから質問されてしゃべっているだけなので。最後まで観てもらえば……(自分は)こんな人ですっていうくらいですね」と観客に伝えた。



(c)2017「映画 山田孝之」製作委員会

最終更新:6/17(土) 19:01
映画ナタリー