ここから本文です

早実・清宮、第1試合はノーアーチ 5打数1安打 3発の4番・野村に大歓声

6/17(土) 13:30配信

デイリースポーツ

 「香川県高野連招待試合、早実10-7英明」(17日、レクザムスタジアム)

 高校通算101本塁打の早実(東京)・清宮幸太郎内野手(3年)が、英明(香川)戦に「3番・一塁」で先発出場。5打数1安打に終わり、アーチは出なかった。

 清宮は初回の第1打席で投ゴロに倒れると、四回の第2打席は1死一塁から三飛。五回の第3打席は2死一、三塁のチャンスで右飛に倒れた。八回の第4打席で無死二塁から詰まりながらも右前打。九回の第5打席は2死一、三塁の場面で遊飛に終わった。

 試合は早実が3-6の八回に8安打の集中打で6点を奪い逆転。4番・野村大樹捕手(2年)が3本塁打を放つ大活躍を見せ、清宮以上の歓声を浴びた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 13:15