ここから本文です

ひしゃげた艦橋、傾く船=衝突の米イージス艦

6/17(土) 16:15配信

時事通信

 フィリピン船籍のコンテナ船と衝突した米海軍のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」を17日午後、上空からヘリで取材した。

 艦橋の右下部分は大破。浸水のためか、右舷側が少し沈んだような状態で2隻のタグボートにえい航されていた。

 損傷が激しいのは、フィッツジェラルド右舷の艦橋下部付近。べっこりとひしゃげており、何か大きなものに、上の方から踏みつぶされたかのように見えた。

 上空から見る限り、船体の他の部分に大きな破損はうかがえない。浸水被害が大きかったのか、衝突から約10時間半たった午後1時ごろも、船体前部の甲板では10人以上の乗組員らが、オレンジ色のホース数本を使うなどして排水作業を行っていた。

 後部の甲板にも10人前後の乗組員らが集まり、周囲を見回したり、海面を見下ろしたりする姿が確認できた。 

最終更新:6/17(土) 16:24
時事通信