ここから本文です

<プロ野球>広島、ソフトバンクに逆転勝ち、単独勝率1位に

6/17(土) 18:48配信

毎日新聞

 ○広島3-2ソフトバンク●(17日、マツダスタジアム)

 広島が逆転勝ちし、交流戦単独勝率1位に再び立った。四回にエルドレッドの2点適時打で追い付き、八回は丸の2試合連続本塁打のソロで勝ち越した。ソフトバンクは2点先行したが、五回以降に打線が湿り、3連勝はならなかった。

 広島・緒方監督 丸が決勝本塁打を打ち、エルドレッドも同点打を放ち、(九回の守備で)よく守り切ってくれた。最後までしっかり戦い、交流戦をいい形で締めたい。

 ソフトバンク・工藤監督 (決勝本塁打を浴びた岩崎は)外を狙った直球が少し甘く入った。失投がない投手はいない。信頼して八回を任せているので、勝てるゲームではしっかり投げてもらう。

 ○…ソフトバンクは3連投の岩崎が八回、失投を丸に中越えに運ばれ、痛恨の逆転負けを喫した。それでも九回は1死から長谷川勇、福田と代打2人の連続内野安打などで一、三塁。川崎は空振り三振、今宮は痛烈な打球を三塁手に好捕されてゲームセットとなったが、最後まで粘りを見せた。「負けはしたが(最終回に)良い粘りを見させてもらった。これを明日も出せるように」と工藤監督。交流戦の最高勝率がかかる「天王山」の最終戦に向けて表情を引き締めた。

最終更新:6/17(土) 19:49
毎日新聞