ここから本文です

夏でもジャケット=きちんとクールビズ

6/17(土) 17:00配信

時事通信

 暑くても快適に過ごせる素材や涼し気な色を使った夏用のジャケット、スーツが人気だ。夏の職場を軽装で過ごす「クールビズ」は定着したが、営業職を中心にきちんとした服装を好む人は多い。過度な軽装推進の反動もあるようだ。

 ジェイアール東海高島屋(名古屋市)の紳士服売り場では、伸縮性があり、しわになりにくいジャージー素材を使ったジャケットの売れ行きが好調だ。体形に合う型紙を基に作る「イージーオーダー」で、価格は7万3440円から。

 売り場担当者は「伸縮性と軽さ、防しわ機能のあるものが人気。着心地の良さを重視する客が多い」と説明する。

 三越伊勢丹ホールディングスによると、この夏はズボンとセットで使えるジャケットや見た目が爽やかなグレーのスーツが好評。各店で通気性が良い素材を使ったスーツ(8万2080円)などを販売している。名古屋三越栄店は「クールビズが多様化する中、かっちりした装いが再注目されている」(広報)と、ベストなどを用いた着こなしを提案している。 

最終更新:6/17(土) 18:27
時事通信