ここから本文です

阪神・原口が同点適時二塁打 四回に2点差追いつく

6/17(土) 15:29配信

デイリースポーツ

 「交流戦、阪神-楽天」(17日、甲子園球場)

 阪神が四回、2本の適時打で同点に追いついた。

 2点をリードされ迎えた四回。先頭の2番・北條が遊撃の横をしぶとく抜ける中安打で出塁。すると、続く3番・高山も続いた。5試合連続安打となる左前打でチャンスメーク。その後1死二、三塁となって、5番・中谷がカウント2-2からの5球目を捉えた。打球は中堅手の前で落ち、中前適時打で1点を返した。

 鳥谷が三飛に倒れたが、ここで2試合連続の勝利打点を挙げている7番・原口に打席が回る。その2球目だった。楽天先発・美馬の真ん中に入ってきたスライダーにうまく反応しフルスイング。フェンス直撃の適時二塁打を放ち、三走・高山が同点のホームを踏んだ。

 中谷は「内野も後ろでしたし、内野ゴロでも1点という楽な気持ちで打席に入り、追い込まれてからは三振しないことだけ考えて軽打しました。ヒットで後ろに繋ぐことができて良かったです」とコメント。同点適時打を放った原口は「強引にならないようにセンターに返す意識で打席に入り、甘めのカーブを逃さずに捉えることができました。まず同点にすることができたので勝ち越すことができるように頑張ります」と振り返った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 16:45