ここから本文です

ヤクルト ブキャナン来日初完封「気持ちいい」 チームは今季2度目の4連勝

6/17(土) 16:13配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ヤクルト5-0日本ハム」(17日、神宮球場)

 ヤクルトの先発、ブキャナンが今季4勝目を来日初完封で飾った。日本ハム打線を散発4安打、1四球に抑え、三塁を踏ませなかった。

 初完投初完封でお立ち台に上がった助っ人右腕は日本語で「気持ちいい」と笑顔。三振はわずかに3つながらゴロの山を築き、「しっかりストライクに投げて打たせて取ろうと思っていた。素晴らしい守備に助けられた」と振り返った。

 打線は三回、日本ハム先発のメンドーサから山田が左越えに8号3ランを放ち、先制すると、四回には大引の4号ソロで加点。七回は山田の犠飛で1点を加えた。

 4日・西武戦(神宮)以来となる11試合ぶりの一発など4打点の山田は、先制弾について「ツーシームを狙って初球からフルスイングしました。弾道も低かったので微妙かなと思ったが、気持ちで入れました。久しぶりにゆっくり走れたので、いい時間でした」と白い歯を見せていた。

 投打かみ合ったヤクルトは今季2度目の4連勝となった。

 日本ハムは先発のメンドーサが5回6安打も2発に泣いて5敗目(2勝)。チームも2連敗で、このカードの負け越しも決まった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 3:05