ここから本文です

ゴルバチョフ氏「コール氏、傑出した人物」 死を悼む

6/17(土) 23:51配信

朝日新聞デジタル

 16日に87歳で死去したヘルムート・コール元独首相。東西ドイツ統一の立役者であると同時に、欧州統合の推進論者として、平和を希求する信条の持ち主だった。冷戦終結という歴史の転換点を導いた各国首脳らが哀悼の意を表した。


 AP通信によると、旧ソ連のゴルバチョフ元共産党書記長は、「ドイツと欧州、そして世界の歴史に卓越した功績を残した傑出した人物だった」と称賛。「困難な時期に国を率いたのが、責任感があり、国益を断固として守り、一方で他国の利益も考えられる優れた政治家であったのは、本当に幸運なことだった」と評した。

 またAP通信によると、ブッシュ元大統領(父)も、コール氏を「戦後の欧州でもっとも偉大な指導者の一人」と称賛。「冷戦終結とドイツ統一を平和的に成し遂げるため、親友と緊密に取り組んだことは、私の人生の最大の喜びの一つだ」と振り返った。

朝日新聞社