ここから本文です

平野美宇、リオ代表韓国選手をフルセットで下し準々決勝進出

6/17(土) 12:11配信

スポーツ報知

◆卓球 ワールドツアー ジャパン・オープン荻村杯第4日 ▽女子シングルス2回戦 平野4―3田志希(17日、東京体育館)

 卓球の荻村杯ジャパン・オープンは17日、東京体育館で大会4日目が行われた。女子シングルス2回戦では、世界選手権銅メダリストの平野美宇(17)=エリートアカデミー=が田志希(韓国)を4―3で下し、準々決勝進出を決めた。

 リオ五輪韓国代表の田とはシングルスでは初対戦。「初めてで思ったよりボールがゆっくりで、タイミングも合わなくて手こずってしまった」と対応に苦しんだ。第1ゲームを13―15で落とし、第6ゲームでは4―11と大差をつけられ、フルゲームにもつれ込む苦しい展開となったが、「最後の7ゲーム目でいいプレーができた。もともと強い選手とは知っていて準備してきたので、勝てて良かったです」と安どの表情を浮かべた。

 午後の準々決勝では世界ランク5位の陳夢(中国)と対戦する。優勝した4月のアジア選手権決勝以来の再戦へ、「また勝てるように頑張ります」と意気込んだ。

最終更新:6/17(土) 13:18
スポーツ報知