ここから本文です

清宮は2試合目も一発出ず、9打数2安打 早実は坂出に零敗

6/17(土) 17:22配信

デイリースポーツ

 「香川県高野連招待野球、坂出5-0早実」(17日・レクザムスタジアム)

 プロ注目スラッガーで高校通算101本塁打の早実・清宮幸太郎内野手(3年)は、坂出戦に「3番・一塁」で先発出場し、4打数1安打。午前に行われた第1試合・英明戦と合わせ、この日は9打数2安打に終わり、本塁打は出なかった。チームも5安打で完封負けを喫した。

 清宮は初回の第1打席で三ゴロ、四回の第2打席は二ゴロ。六回の第3打席では左前打を放ったが、八回の第4打席は左飛に倒れた。試合後は「調子が良くなくて、なかなかいい当たりが出なかった。(打線の)軸がこれだけ凡退したら苦しい試合になる。あしたはしっかり勝てるようにしたい」と話した。

 18日も2試合を予定しており、早実は三本松、丸亀城西と対戦する。