ここから本文です

<広島>丸、決勝弾「甘い球、積極的に」 前夜は3本塁打

6/17(土) 23:23配信

毎日新聞

 ○広島3-2ソフトバンク●(17日、マツダスタジアム)

 実に2試合で計4本塁打だ。前夜に3打席連続本塁打を放った広島の3番・丸が、この日は決勝アーチをかけた。

 同点の八回、先頭打者で打席に入ると、代わったばかりのソフトバンク2番手・岩崎の初球を捉え、ライナーでバックスクリーン左にたたき込んだ。「同点だったので、まずはチャンスメークをしようと思った。甘い球が来たので積極的に行った」と、ほぼ真ん中の直球に迷わずバットを振り抜いた。

 前夜にも岩崎と対戦し、2点を追う八回無死一塁の第4打席で空振り三振に倒れていた。同学年で同じ千葉県出身の右腕に4打席連続本塁打を阻まれた借りを返し、「今日の方が充実感、達成感がある」と喜んだ。

 好調を維持し、交流戦での打率は4割を超える。中堅から逆方向への打球が目立ち、「いいポイントで打てている」と振り返る。本塁打量産には「勘違いしないようにやっていく」と笑顔も見せた。

 18日のソフトバンク戦は、互いに交流戦最高勝率1位をかけた決戦。「モチベーションの一つになる。取れれば、チームにとってより一層自信になる」と丸。チーム初の「交流戦1位」へ照準を定め、バットでチームを引っ張る。【村社拓信】

最終更新:6/18(日) 0:28
毎日新聞

スポーツナビ 野球情報