ここから本文です

早実・清宮は安打1本 4番・野村が3発6打点…招待試合・英明戦

6/17(土) 12:34配信

スポーツ報知

◆香川県高野連招待試合 ▽第1試合 早実10―7英明(17日・レクザムスタジアム)

 今秋ドラフト目玉で高校通算101発の早実(東京)・清宮幸太郎内野手(3年)が、香川県高野連招待試合の英明戦に「3番・一塁」で出場した。

 初回2死で痛烈なライナーの投ゴロ。4回1死一塁では三飛に倒れた。直後に4番・野村大樹捕手(2年)の左越え2ランなどで、早実がこの回3点を先行した。

 清宮は5回2死一、三塁で右飛。3点を追う8回無死二塁では右前安打で、続く野村が左翼席にこの日2本目の同点3ランを放った。なお2死一、三塁で清宮は遊飛だったが、早実はこの回一挙6点で逆転した。

 野村は3点リードの9回先頭で右越えにソロ。2打席連発のこの日3本目で高校通算39本塁打に伸ばした。清宮は5打数1安打、野村は3発を含む5打数3安打6打点だった。

最終更新:6/17(土) 14:47
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/27(火) 22:00

Yahoo!ニュースからのお知らせ