ここから本文です

<J1>甲府、柏止めた 吉田監督、徹底的に研究

6/17(土) 23:55配信

毎日新聞

 △柏0-0甲府△(17日)

 連勝が8で止まった柏。しかし柏の出来不出来よりも、その特徴を封じた甲府の戦いを評価したい。

 柏の原動力は前から襲いかかるプレスと、そこからのスピードあるサイド攻撃。しかし、甲府の吉田監督は徹底的に研究していた。何しろ、一昨年は柏を率い、それ以前は柏の下部組織で、この日もピッチで戦った若い選手を長く指導してきたのだ。

 「プレスに行こうとしたら、その前にサイドバックの裏へ(ロングボールを)けられてしまった。また、サイドへ(球を)出そうとしても、出しづらかった」と柏の武富。前線で走り回った中川寛は「(甲府最終ラインの)5人をどう動かすか、いろいろやったのだが」と、スペースを埋められた苦しさを口にした。

 終了と同時に、双方の選手が倒れ込むほど激しく戦った。試合後「達さん(吉田監督)には勝てないなあと、みんなで話していた」と武富。かつての先生ににらまれて、悔しいけれど仕方がないといった表情だ。【斉藤雅春】

 柏・下平監督 残念です。最後のところでゴールを挙げられなかった。連勝はいつか止まる。勝ち点1を取れたと、ポジティブに思う。

 甲府・吉田監督 ホームで引き分けて何を言っているんだと言われるかもしれないが、選手は最後まで走って素晴らしいファイトを見せてくれた。

最終更新:6/18(日) 0:34
毎日新聞