ここから本文です

「日米韓の連携、対北で困難に」 沖縄正論友の会

6/17(土) 7:55配信

産経新聞

 沖縄「正論」友の会の第43回セミナーが16日、那覇市のネストホテル那覇で開かれ、産経新聞編集局編集委員の久保田るり子氏が「緊迫の北朝鮮、反日の韓国を読む」と題して講演した。

 久保田氏は、核・ミサイル開発に突き進む北朝鮮について「核が朝鮮戦争以来の政権の核心。ミサイルによる奇襲攻撃を可能にしたが、日本に対応する能力がない。われわれは日本を標的にしていることを自覚して考えていかなければならない」と強調した。

 一方、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に関しては「頭のてっぺんから足の先まで北朝鮮に甘い政権。反日指導者の文大統領は、対北融和策をとりつつ国内の親日派を標的に据えるとみられ、日韓関係だけでなく、北朝鮮政策をめぐる日米韓の連携が難しくなる」と指摘。激動する朝鮮半島情勢を受け「東アジアが構造的変化の時代に入った」と結んだ。

最終更新:6/17(土) 8:21
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ