ここから本文です

名古屋J2初3連敗 押谷退場から3発被弾「まだまだの選手がいる」

6/17(土) 16:49配信

スポニチアネックス

 ◇明治安田生命J2第19節第1日 名古屋1―3福岡(2017年6月17日 レベスタ)

 前節4位の名古屋は同首位の福岡に1―3で逆転負けを喫し、J2初の3連敗となった。前半14分にシモビッチのゴールで先制しながら、後半14分に押谷が一発退場。数的不利になって押し込まれると後半26分、38分、46分と3点を失って逆転負けを喫した。

 風間監督は「前半1点取るまでは素晴らしいサッカーをしたと思います。ですが、その後、後半からねじを巻き直してやろうというところでアクシデントが出て、そういう意味では後半は良くなかった」と試合を振り返り、「ただ、その中でも技術を正確に自分たちが扱えばまだできたと思うが、技術がかなり高くなって扱える選手と、まだまだの選手がいる。それをしっかり合わせていかないといけないというゲームだった。技術を武器にできている選手がどんどん増えてきている。まだ技術を本気で自分の武器にできていない選手がいる。そのへんはこれからやっていくべきいい収穫だったと思います」と選手間に”格差”があることを強調し、反省点をあえて収穫に挙げて次を見据えた。