ここから本文です

美誠、世界ランク43位中国選手に逆転負け…準々決勝敗退に「弱いな」と涙

6/17(土) 15:23配信

スポーツ報知

◆卓球 ワールドツアー ジャパン・オープン荻村杯第4日 ▽女子シングルス準々決勝 王曼ユ4(4―11、8―11、13―11、12―10、11―9、11―8)2伊藤美誠(17日、東京体育館)

 世界選手権(ドイツ)で女子ダブルス銅メダルの伊藤美誠(16)=スターツ=は、世界ランク43位の王曼ユ(18)に逆転負けした。

 過去3戦全敗の王から2ゲーム先取したが、徐々に対応された。序盤は戦術がハマり、フォアの強打や、持ち味の積極的な仕掛けが効果的だっただけに「悔しいというより、(自分が)弱いなって感じ」と涙をぬぐった。

 世界選手権から帰国し1週間で大会を迎えた。本調子とは言えず「1回戦から負けてもおかしくなった。内容が良くなかった」という。「我慢で勝てた。次は実力で勝ちたい」と話した。

最終更新:6/17(土) 15:23
スポーツ報知