ここから本文です

【天保山S】5番人気サウススターマンがオープン初勝利

6/17(土) 16:23配信

スポーツ報知

 17日の阪神メインの天保山S(3歳上オープン、ダート1400メートル=14頭立て)は、5番人気のサウススターマン(牡6歳、父サウスヴィグラス=栗東・加用正厩舎)が好位から抜け出して勝利。オープン初勝利を挙げた。勝ち時計は1分22秒4。

 大外枠から好スタートを決めると、鞍上の川田将雅騎手が4、5番手の外にうまく導いた。直線で追い出すとしっかりと伸びて、2着に1馬身1/4差の完勝だった。川田騎手は「前半から非常に気持ちが入っていて、そのぶん楽に運べました。しまいもよく伸びて、いい走りでした。メンバーが強かったなかで、いい内容で勝ってくれたと思います」と称賛した。

 加用調教師は「このメンバーで、まさか勝てるとは思ってなかった。前回除外になったぶん、調教をびっしりと積めたのが良かったのかな。暑くて汗をかいていたのも良かったし、阪神も得意だから。今後は馬の様子を見て考えます」と会心の表情だった。

 2着には3番人気のキングズガード(藤岡佑介騎手)が入り、1番人気のコウエイエンブレム(松山弘平騎手)が3着だった。

最終更新:6/17(土) 16:24
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ