ここから本文です

丹羽、世界1位・馬龍に敗れベスト4ならず…「少しは本気を出してくれたかな」

6/17(土) 16:48配信

スポーツ報知

◆卓球 ワールドツアー ジャパン・オープン荻村杯第4日 ▽男子シングルス準々決勝 馬龍4(11―8、12―10、9―11、11―5、11―3)1丹羽孝希(17日、東京体育館)

 世界選手権8強の丹羽孝希(22)=スヴェンソン=は、世界選手権2連覇で世界ランク1位の馬龍(29)=中国=に敗れた。得意のチキータなどを使って速い展開に持ち込み接戦に。しかし第4、5ゲームは力の差を見せつけられた。「4ゲーム目以降、急に強くなった。ワールドツアーでは中国選手は100%の力ではやってくれないが、少しは本気を出してくれたかな」。競ったことで本気を引き出し、実力を肌で感じられた。

 メンタル面でも変化があった。以前は対戦前から「オーラに萎縮していた」というが、今回は自ら先手を取り、相手のパワフルなフォアを打たれる前にポイントを稼いだ。「まだまだですけど、勝つ気持ちでできた」と成長を感じていた。

最終更新:6/17(土) 16:48
スポーツ報知