ここから本文です

ロッテ二木、かつて応援していた巨人戦で今季初黒星、同期三木のエラーにも表情変えず

6/17(土) 23:12配信

デイリースポーツ

 「交流戦、巨人8-0ロッテ」(17日、東京ドーム)

 今季初黒星はホロ苦かった。4回を被安打8で3失点。ロッテ・二木はプロ4年目の巨人戦先発をこう振り返った。

 「いつもと変わりません。いつもと同じ感じでいけました。(東京ドームの)マウンドもしっくりきました」

 鹿児島情報高出身。昨年は7勝を挙げ、現在、4勝を挙げてチームの勝ち頭だ。今季、大きな飛躍が期待されて売り出し中だ。

 地方出身らしく、鹿児島で高校時代まで過ごしたが、「テレビが巨人戦しかやっていなかった。応援していましたよ」。巨人・高橋監督が現役バリバリのころだという。

 どうやら巨人ファンだったようだが、登板前は、「楽しみなんて(気持ちは)ない。余裕はないです。足の速い選手、小技のある選手、一発のある選手…波に乗せないようにしないといけない」と対戦をにらんでいた。

 一回、長野、山本を連続三振に仕留めた。坂本に中前に運ばれ、マギーを警戒し過ぎて四球で一、二塁。だが、村田を宝刀フォークで空振り三振だ。

 二回も陽岱鋼に右中間二塁打を浴びたが、橋本以下をピシッと抑えた。

 だが、三回1死から制球が乱れた。山本と坂本に連続安打されて一、二塁。マギーに中前への先制適時打を許し、さらに村田には右への適時二塁打。4連打で2点を失った。

 「甘かった。球が高めに行った。失投が多かった」と集中打のシーンを振り返り、「もっと低めに意識して投げていれば、違った展開になっていたと思う…」と反省した。

 四回。長野と山本の連打で1死一、三塁。坂本の打球は二塁左へ。遊撃の三木がこれをトンネルして3点目が入った。

 二木と三木は同期入団で、2人が合体して「チーム五木」と呼ばれて大の仲良し。マウンドの二木は表情を変えなかった。

 「同じことをしないように、この登板を次に生かしたいと思います」。ホロ苦い味はいつか、“甘い味”に変わる。この夜の巨人戦で得た教訓を糧に。