ここから本文です

OSK95周年記念公演「春のおどり」華やかに快幕!高世麻央「情熱お届けしたい」

6/17(土) 17:17配信

スポーツ報知

 OSK日本歌劇団の創立95周年記念公演「レビュー 春のおどり」が17日、大阪松竹座で初日を迎えた。

 開演前にはトップスター・高世麻央ら5人が劇場前に登場。同劇場の新築開場20周年の節目を飾る興行でもあり、高世は「この年にOSK誕生の地・大阪松竹座で公演させていただけることが非常にありがたく、心からの感謝の思いと、いっぱいの情熱を皆様にお届けしたい」と、ファンにあいさつした。

 公演は日本舞踊尾上流四代家元・尾上菊之丞が作・演出・振り付けを務める日本物「桜鏡~夢幻義経譚~」と、宝塚歌劇団の演出家・中村一徳氏が作・演出の洋物の「Brilliant Wave~100年への鼓動~」のショー2本立て。「一部、二部ともに、とてもワクワクする作品に仕上がっております」と高世。桐生麻耶らと大阪締めで公演の成功を祈願した。25日まで。

最終更新:6/17(土) 17:17
スポーツ報知