ここから本文です

ロッテまるで再現シーン、巨人に連夜の0-8 伊東監督、打つ手なしだが…

6/17(土) 23:39配信

デイリースポーツ

 「交流戦、巨人8-0ロッテ」(17日、東京ドーム)

 「昨日と一緒です…」

 ロッテ・伊東監督の第一声だった。先制されて中押しを許し、最後にダメを押される。チームは得点できない。

 16日の再現フィルムを見ているようだ。

 借金は「24」と今季最多、6度目の4連敗、23イニング無得点、そして2度目の2試合連続完封負け。見たくもない数字が並ぶ。

 3、2、4。ここ3試合の安打数だ。

 「横浜(DeNA戦)の3つ目から悪いときの状態になってきた。セーフティを命じたり、エンドランをかけたりとやっているのだが…」。

 「どうしたらいいですかね…」。取り囲んだ報道陣を見回した。

 四回の1死一、二塁では鈴木、ダフィーが凡打に倒れた。

 五回。先頭の三木が安打で出塁したが、田村が三振。二木に代えて代打に起用した清田がこれまた空振りの三振だ。荻野も三振を喫した。六回の無死一塁も生かせない。

 「塁に出ても走者を進められない。手の打ちようがない。打つべき人が打っていない、打たなくてはならない」

 それでも左翼席に陣取ったロッテファンは声を張り上げ続けた。

 指揮官は、「諦める姿を見せるわけにはいかない。応援してくれるファンがいる。意地を見せなきゃ」と話し、こう締めた。

 「切り替えてやっていきます」。

 18日の交流戦最終試合は必勝を期す。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 21:00