ここから本文です

まゆゆ2位 今年いっぱいの卒業発表「迷いに迷って」最近決断「やり残したことない」

6/17(土) 20:53配信

スポニチアネックス

 ◇第9回AKB48総選挙(2017年6月17日 沖縄県内)

 「今回がラスト」と決めた舞台で、3年ぶりの総選挙1位を狙うAKB48の渡辺麻友(23)は2位。2度目の戴冠を果たせず、有終の美はならなかった。壇上スピーチで今年いっぱいでグループを卒業すると発表。卒業については「ここ2~3年考えていて、ずっと迷いに迷って、最近決断を下しました」と明かした。

【写真】卒表を発表した渡辺麻友と抱き合う指原莉乃

 スピーチ終盤で「全国のテレビをご覧の皆さま、各地ライブビューイングでご覧の皆さま、そして、ここにいらっしゃるすべての方々に、お伝えしたいことがあります。私、渡辺麻友はAKB48を卒業します」と切り出した。

 今年4月、デビュー10年の区切りを迎えた。「これからは外の世界に出て、また1から新たな挑戦をしたい、1から出直すつもりで外の世界に飛び出そうという決意をさせていただきました」と決断の理由を打ち明けた。

「今はたくさんの後輩たちが増えて、きょうスピーチを聞いていても、頼もしい言葉を述べていて、この子たちに、将来のAKBを託したいとも思いました。今年いっぱいということで、残り少ない時間ではあるんですけど、残りの時間の中でAKBメンバーとしての使命を果たしていきたいと思います。本日は第2位という順位を頂きまして、皆さま、たくさんの応援をしていただき、本当にありがとうございました」と最後は笑みを浮かべた。

 スピーチ後、司会の徳光和夫アナウンサー(76)に「自分1人で(決断した)?」と聞かれると「最終的には自分で決断しました」。ファンに向けては「驚かせてしまったとは思うんですけど、私はAKB48のメンバーとして、もうやり残したことはないと強く思っているので、最後の時間を一緒に」と呼び掛けた。

 過去8回の選挙は4位、5位、5位、2位、3位、1位、3位、2位。今回も含め、すべて「神セブン」入りを果たした。