ここから本文です

山田孝之が不敵な笑み「どんな手を使ってでも賞をとりたい」

6/17(土) 18:37配信

スポーツ報知

 俳優の山田孝之(33)が17日、東京・TOHOシネマ新宿で主演した「映画 山田孝之 3D」(松江哲明監督、山下敦弘監督)の初日舞台あいさつを行った。ドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」をきっかけに、山田の思考に迫った作品。

 司会に初挑戦した芦田愛菜(12)から「山田さんは賞を取ることが目的で、映画を作っているわけではないと思いますが…」とフォローされたが、山田は「いい芝居、いい映画、いい俳優なんて、どうでもいい。僕は賞のことしか考えていない。賞のことだけを考えてやっていきたい」ときっぱり。「まずは日本アカデミー賞から。18年(俳優生活を)やっていて、いまだに声がかからない。どんな手を使ってでも賞をとりたい」と不敵に笑った。

 きっちりと司会をこなした芦田。「いつもとは逆の立場なので。カミカミですいません」と恐縮しきりだった。

最終更新:6/17(土) 18:37
スポーツ報知