ここから本文です

【中日】バルデス、球宴出場熱望も森監督「テレビで見とけ」

6/17(土) 18:52配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 中日4―1西武(17日・ナゴヤドーム)

 カリブの海坊主こと中日のラウル・バルデス投手(39)が、7回2安打1失点の好投でチームの連敗を3で止めた。

【写真】森監督やけくそ

 初回から低めにボールを集める丁寧な投球で、3回までは完全。3点リードの5回に炭谷の中犠飛で1点を失ったが、5回を除けば二塁を踏ませない安定ぶりだった。自身2連勝となる3勝目で、クオリティ・スタート(QS=先発で6投球回以上、3自責点以下)もリーグトップを守る11度目。「いつも言ってるように、いい投球を続けたら運気も上がってくるんだよ」と胸を張った。

 球宴出場を「もちろん出たい」と熱望。竜党もSNSで「#バルデスをオールスターに」とハッシュタグをつけて後押ししている。しかし、森繁和監督(62)は「俺が決めることじゃない。何かあれば(全セの広島・緒方監督から)電話がかかってくるかもしれないが、まあテレビでゆっくり見とけと」と、おじさん左腕に“休宴”を勧めていた。

最終更新:6/18(日) 2:00
スポーツ報知