ここから本文です

【MLB】M.シャーザーが10奪三振で8勝目、Y.セスペデスとの対決制す

6/17(土) 15:53配信

ISM

 ワシントン・ナショナルズは現地16日、敵地でニューヨーク・メッツと対戦。先発マックス・シャーザー投手が8回を4安打、4四死球、10奪三振、1失点に抑えると打線も奮起し、7対2で快勝した。

 7回まで無失点だったシャーザーは8回先頭のホセ・レイエス遊撃手の4号ソロアーチを被弾。しかしこの回の最後にはメッツの主砲ヨエニス・セスペデス外野手に粘られながらも96マイル(約154キロ)前後の速球と86マイル(約138キロ)前後のスライダーを織り交ぜて、フルカウントからの11球目で空振り三振に仕留め、2ケタ奪三振をマークしてマウンドを降りた。

「ああいう強打者との対決は大好きなんだ」と8勝目(4敗)を手にしたシャーザー。「今日は彼が最後の打者になると分かっていた。疲れ果ててるのは自分でも感じていたから、『全てを出し切れ、戦うんだ』と自分に言い聞かせるだけだった」とセスペデスとの対戦を振り返っていた。(STATS-AP)

最終更新:6/17(土) 15:53
ISM

スポーツナビ 野球情報