ここから本文です

中国の馬龍、許組が丹羽、吉村組下し3連覇

6/17(土) 21:49配信

スポーツ報知

◆卓球 ワールドツアー ジャパンオープン荻村杯第4日 ▽ダブルス決勝 馬龍、許(3-0)丹羽、吉村(17日、東京体育館)

 卓球の荻村杯ジャパン・オープンは17日、東京体育館で大会4日目が行われた。男子ダブルスは中国の馬龍、許組が大会3連覇を達成。世界選手権銅メダルの丹羽孝希(22)=スヴェンソン=、吉村真晴(23)=名古屋ダイハツ=組を3―0で下す圧倒的な強さだった。

 アリーナ席と2階席の前列に陣取った中国の女性ファンの一団から黄色い歓声が飛ぶ中、許は優勝インタビューで「初めて3連覇ということを知ったが、この2人のペアなら、どんな試合でも勝てると信じてます」と喜びを爆発させた。

 世界ランク1位の馬龍と3位の許は、18日のシングルス準決勝で激突する。馬龍は「今日の友は明日の敵ということは、いろいろな大会で良くあるので、慣れています。2人とも力を発揮できることを願ってます」。多くの大会で上位を独占する中国勢の強さを感じさせるコメントで、最終日への意気込みを示した。

最終更新:6/17(土) 21:49
スポーツ報知