ここから本文です

【金沢】「モー娘。は別格」力説の19歳・宮崎、プロ初ゴールが決勝弾

6/18(日) 7:03配信

スポーツ報知

◆明治安田生命J2リーグ 第19節 金沢3―2山口(17日・石川県西部緑地公園陸上競技場)

 18位のツエーゲン金沢は最下位22位の山口を3―2で下した。前半19分にオウンゴールで先制すると、両者は打撃戦を展開。2―2で迎えた後半26分、DF宮崎幾笑(19)のプロ初ゴールで勝ち越しに成功。最後まで粘る相手を振り切り、今季5勝目をあげた。次節は25日、アウェーで京都と対戦する。

 ラッキーボーイが現れた。2―2の同点に追いつかれた直後の後半26分。後半開始から右MFへポジションを移していた宮崎がドリブルを開始した。MF中美慶哉(25)とのワンツーで抜け出すと、最後はGKを華麗にかわし、右足でゴールに流し込んだ。プロ初となるゴールが決勝点となり、食い下がってきた山口を退けた。

 アイドルに目がない19歳は、AKB48ではなく、モーニング娘。がお気に入り。「“モー娘。”は別格。ダンスのキレが半端ない。全然違う」と力説する姿は今時の若者だ。アイドルのダンスばりの切れっきれのドリブルから待望の初ゴールを生み出した。

 最年少19歳の活躍でチームは今季5勝目、勝ち点を19に伸ばした。宮崎は「今日みたいな試合をどんどん続けていきたい」と今後の飛躍を誓った。(尾田 敏成)

最終更新:6/18(日) 7:03
スポーツ報知