ここから本文です

【NBA】シクサーズ、全体1位指名権持つセルティックスと交渉か

6/17(土) 16:43配信

ISM

 フィラデルフィア・セブンティシクサーズとボストン・セルティックスが、今年のドラフト指名権の交換トレードについて交渉を進めていると、リーグ関係者が明かした。

 これは、米国の大手ポータルサイトが運営する『ヤフースポーツ』が、『The Vertical』の情報として伝えたもの。全体3位指名権を持つシクサーズは、ワシントン大出身のポイントガード、マーケル・フルツを狙っており、ボストン・セルティックスが持つ全体1位指名権と交換したがっているという。

 シクサーズが見返りとしてオファーするパッケージには、全体3位指名権のほか、将来の1巡目指名権が含まれているが、これがロサンゼルス・レイカーズから獲得したプロテクトなしの2018年1巡目指名権になる可能性があるようだ。

 情報筋は、フルツが早ければ17日にフィラデルフィア入りし、シクサーズ幹部と会うかもしれないと述べているという。

 19歳のフルツは、ワシントン大での1シーズンで、平均23.3得点、5.9アシスト、5.7リバウンド、スリーポイントシュート成功率41.3%をマークした。

最終更新:6/17(土) 16:43
ISM