ここから本文です

【NBA】上位指名候補M.フルツ、セルティックスでもレイカーズでも幸せ

6/17(土) 16:44配信

ISM

 現地22日のNBAドラフトで上位指名が予想されるワシントン大出身のマーケル・フルツが15日、全体2位指名権を持つロサンゼルス・レイカーズで単独ワークアウトを実施。トップ指名を希望しているが、どこに決まってもそこが自分の入団するチームだと語った。

 フルツは、1時間のワークアウトを行ったあと、球団トレーニング施設でチームの幹部と面談。同選手は、全体1位指名最有力候補と考えられているが、ドラフトコンバイン以来、レイカーズと緊密に連絡を取り合っているという。

 フルツは、レイカーズのワークアウトを受けた理由について、「家族で決めたことだよ」と、コメント。「どこのチームに入団することになるかなんて分からないから、ここがどんな所が見てみたかったんだ」と、語った。

 フルツは、全体1位指名権を持つボストン・セルティックスでのワークアウトは済ませている。「僕は試合ができることに感謝している。1番で指名されたいが、どこに決まろうが、そこが僕が行くチームだ」と話した。また、「どこへ行ったとしても、自分は変わらない。謙虚な気持ちでいるつもりだ」と、語った。(STATS-AP)

最終更新:6/17(土) 16:44
ISM